美容部員は技術だけでは務まらない

私の友達に美容に興味があって、モデルさんなどの専属メイクアップアーティストになりたいという夢を持つ人がいます。私はその世界に詳しくはないのですが、美容の専門学校へ行ったとしても、こういうお仕事というのは確かな技術だけでは乗り切れないのだなと思いました。



身近で言うと美容院がありますが、よく話題になるのがその美容師さんと話すか話さないか、話しかけられて面倒だなとか、不快に感じるかということです。接客業になるので、技術面だけでなくコミュニケーション能力にも優れていなければ美容にかかわるお仕事は難しい、向いていないとされるように思います。

せっかく随一の技術や才能を持っていたとしても、コミュニケーションに難ありだということに本人が自覚を持っていれば、その道を諦めることもあるのではないでしょうか。隠れた才能になってしまうのはもったいないなと思いますが、エステでもネイルでもヘアメイクでも、これはある程度仕方のないことなのかなと思います。

アーカイブ

カテゴリー

  • カテゴリーなし